【住み替えローンとつなぎ融資|住み替えマニュアル・住宅ローン編】

一次的な資金需要を支援

住み替えでは一時的に旧自宅と新自宅の両方でお金の必要が発生します。

 

資金に余裕がない時は、ローンを上手に活用することもポイント。

 

このページでは、よく取り違えられやすい「住み替えローン」と「つなぎ融資」の違いについてまとめました。

 

住み替えローンとは

現在返済中の住宅ローンの残りに加え、住み替えに必要な諸費用までも含めた資金を貸し付けるものです。

 

現在の貯蓄で住宅ローンの担保割れ分をまかなえない場合や、できなくはないが資金がギリギリで不安な場合などに使うものです。

 

金融機関にとっては担保価値以上の貸し出しになるので、慎重であり、審査も厳しくなります。

 

利用者としても、あまり安易な利用は危険です。

 

家の売却に予想以上の時間がかかったり、計画を下回る金額で売らねばならなくなる、といった不測の事態も織り込んで、安全な範囲で借りるべきでしょう。

 

つなぎ融資とは?

住宅を取得するまでの一時的な資金需要に対して貸し付けるローンのことです。

 

例としては、住宅の建築出来高に応じて途中で払う契約になっている場合や土地購入先行の場合の資金です。

 

抵当権の設定は行わない代わり、金利は住宅ローンより高いです。

 

返済は住宅ローンの融資金で行われます。

 

ということは、先に住宅ローンの審査を通っていることがつなぎ融資の前提になります。

 

また、借入期間中の利息と諸費用はローン実行の都度、清算となります。

 

総額が大きいだけに、清算金も数十万円単位になるので、資金計画に組み込んでおく必要があります。